黒部峡谷でトロッコ列車に乗る家族旅行:黒部峡谷のトロッコ列車の情報を写真と体験をもとに解説。現地へ行った人だけが書ける口コミ情報も家族旅行でお役立ち。&私の家族旅行記もご参考。

ホーム > 黒部峡谷トロッコ電車の豆知識 > 黒部峡谷トロッコ電車の歴史

黒部峡谷トロッコ電車の歴史

2009年9月23日 | | トラックバック(0) にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行/トロッコ列車へ

  黒部峡谷の水力発電
黒部峡谷の自然』に書いているとおり黒部峡谷を流れる黒部川の流速は早く、水量が豊富です。
その特徴から、水力発電に役立つことが注目され、電源開発がはじまりました。
工事がはじまったのは、大正12年(1923年)9月のことです。

  トロッコ電車の役割とはじまり
トロッコ電車は、もともと電源開発の工事用資材を運搬するために使われました。
(たぶん、↓↓こんな感じ。宇奈月駅で撮影)

写真

電源開発にあわせてはじめは宇奈月~猫又間の工事がはじめられ、難工事の末に
大正15年に開通。続いて、昭和5年に小屋平まで、昭和6年に小黒部まで伸長されました。
昭和12年(1937年)7月に欅平まで開通し、全線20.1kmが開通になりました。

  黒部峡谷鉄道へ
電源開発の資材運搬に使われたトロッコ電車ですが、ときにはお客を乗せることがありました。
キップの裏書きに「命の保障はしません」と書き、了承のうえでの乗車だったそうです。

黒部峡谷の自然を楽しみたいの声に押され、昭和28年(1953年)に地方鉄道法による免許
を受けました。さらに、昭和46年(1971年)経営本体が関西電力から分離して黒部峡谷鉄道へ。
現在に至ります。

« 黒部峡谷の自然 | ホーム | 乗車の予約後~当日の流れ »


同一テーマの記事一覧

歴史関連


ニッセン
(富山のお土産) Pick UP!


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 黒部峡谷トロッコ電車の歴史

このブログ記事に対するトラックバックURL:

サイト内検索
トロッコ電車 宇奈月駅 トロッコ電車 きっぷ売り場 時刻表 トロッコ電車 駅名 トロッコ電車内
黒部峡谷トロッコ電車の豆知識
黒部峡谷トロッコ電車に乗る家族旅行の旅行準備
乗車の予約後~当日の流れ
持っていく洋服・着ていく服装(体験後)
黒部峡谷GUIDEをもらう
カテゴリー
安い順!宇奈月駅近くのホテル
(価格は、1部屋1泊あたり、税・サービス料込みの最安値の目安)

Supported by 楽天ウェブサービス
Tags
楽天トラベル株式会社

Get Update !
関連Links
おまけ♪
宇奈月駅にて、管理人です。^^/
プロフィールはこちら管理人~^^

家族です(夫が撮影)(欅平)