黒部峡谷でトロッコ列車に乗る家族旅行:黒部峡谷のトロッコ列車の情報を写真と体験をもとに解説。現地へ行った人だけが書ける口コミ情報も家族旅行でお役立ち。&私の家族旅行記もご参考。

ホーム > 特集 > ベビーカー持参で乗車&観光できました

ベビーカー持参で乗車&観光できました

2009年10月 4日 | | トラックバック(0) にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行/トロッコ列車へ

写真 客車内にベビーカー持参
私がトロッコ電車に乗ったとき、うちの次男は1歳9ヶ月でした。
欅平駅(トロッコ電車の終点駅)で徒歩で観光しようと思うと、何十分か歩くことになります。

でも、1歳9ヶ月の子供って、まだまだ長く歩けません。すぐに機嫌が悪くなって、観光どころじゃなくなっちゃいます。なので、ベビーカーを持っていくことにしました。

右の写真の真ん中あたりに写っているベビーカーは、うちのものです。ひじをついてベビーカーをおさえているのは長男です。

リラックス客車だと、1人掛けシートと2人掛けシートの間に通路があって、そこにベビーカーを置けます。普通客車や特別客車は一列4人掛けなので、ベビーカーを置くとしたら足元。無理があります。

事前に電話で問い合わせたときも、「リラックス客車ならベビーカーを持っていっても大丈夫ですよ」とのことでした。ベビーカーを通路に置いても、窮屈には感じませんでしたよ。

写真 ベビーカー持参で大変だったこと
ベビーカーを持って行ってすごく助かったのですが、大変なこともありました。

右の写真は、欅平駅を降りて猿飛峡という観光スポットへ向かう途中の道です。通路が狭い上、道のりの中には階段やトンネルもあります。

トンネルはどうにかベビーカーで通れるんですが、さすがに階段は無理。ベビーカーを畳んで上り降りしました。
階段箇所の数はだいたい5~6箇所だったと思います。

階段をベビーカーを持って上り降りするのは、正直、大変でした。でも、持って行ってよかったです。ベビーカーがなかったら、グズる次男を抱っこして長距離を移動しなくちゃでしたから。

ベビーカー持参で観光していて大変だったのは、猿飛峡くらいでした。ほかの観光スポットでは"お役立ち!ベビーカー"な感じでした。^^

« 小さい子連れ・幼児連れならリラックス客車 | ホーム | 宇奈月国際ホテル »


同一テーマの記事一覧

旅行準備関連

重要ポイント関連


ニッセン
(富山のお土産) Pick UP!


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ベビーカー持参で乗車&観光できました

このブログ記事に対するトラックバックURL:

サイト内検索
トロッコ電車 宇奈月駅 トロッコ電車 きっぷ売り場 時刻表 トロッコ電車 駅名 トロッコ電車内
黒部峡谷トロッコ電車の豆知識
黒部峡谷トロッコ電車に乗る家族旅行の旅行準備
乗車の予約後~当日の流れ
持っていく洋服・着ていく服装(体験後)
黒部峡谷GUIDEをもらう
カテゴリー
安い順!宇奈月駅近くのホテル
(価格は、1部屋1泊あたり、税・サービス料込みの最安値の目安)

Supported by 楽天ウェブサービス
Tags
楽天トラベル株式会社

Get Update !
関連Links
おまけ♪
宇奈月駅にて、管理人です。^^/
プロフィールはこちら管理人~^^

家族です(夫が撮影)(欅平)